Return to site

2/19おまもり絵付け

· イベント情報

山に祈り、山を崇める信仰、『山岳信仰』
あなたは身近でその存在を感じたことはあるでしょうか。

日本古来の山岳信仰を
『修験道(しゅげんどう)』といいます。
聞きなれない方が大半でしょう。
とてもとても古い、原始的な信仰ですから。
『山伏(やまぶし)』と呼ばれる天狗のような恰好をした人、絵本や映画で見たことはありませんか?

彼らが修験道の修行をする行者(ぎょうじゃ)です。

今回はこの日本の山岳信仰を知る入口として、修験道の行者が修験についてやさしくお話しいたします。

その間、皆さんには聞くだけでなく手を動かしていただきます。

当日は修験道のシンボルを土でかたどった小さなお人形を数種類お持ちいたします。
みなさんはわたしのお話から感じとったものを色やかたちにして、あなたの選んだお人形にのせてください。

できあがったお人形は、言葉にはできないあなたの気づき。
修験のお山の分身です。
どうぞ大切にお持ち帰りください。

手のひらサイズの小さなお人形ですから、普段から身につけていただいても、窓辺にかざっていただいても構いません。
たいせつに、たいせつに、あなたの祈りをこめてあげてください。
そこに山があるように。

詳細

 2月19日(水)
 〇夕の部
  17:00~18:30
  2500円(なおちゃんのおやつ付き)

 〇夜の部
  19:30~21:00
  3000円(なおちゃんの晩ごはん付き)

場所

 暮らしのいろいろ ていねいに、
 東京都杉並区西荻南1-18-11

もちもの

 (ある方は)使い慣れた筆

お申込み先

 ①お名前
 ②お電話番号
 ③ご希望の部(夕・夜)
 以上を下記のメールアドレスへご連絡くださいませ。
 kaminn.yoshinoyama@gmail.com

キャンセルポリシー

 当日キャンセルはキャンセル料を100%いただきます。

行者プロフィール

片山惠遍
 1987年生まれ。奈良の吉野で修験行者として得度。
 宿の女将をしながら行者として修行を積む。
 今回食事を担当するつちとねのなおちゃんとは学生時代の友人。
 有機化学と技術経営を専攻し、その視点は今に深く繋がっている。
 すきなものは虫とカレーと読経。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly